スポンサーサイト

  • 2018.11.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    南極料理人。

    • 2010.04.11 Sunday
    • 22:10
    ---
    コメント:淡々と面白かった!

     見てから1か月以上経過してからこれ書いてますが、、、
    見終わったとき「面白かったー!」って素直に思える作品だったので一言。
    映画館で上映されてる時から気になってたんだけど、結局見に行けなくて
    DVDになってからすぐ借りて見ました。

     大きな事件が起こるわけでなく、淡々とした生活ぶりが展開される、
    男ばっかりのむさくるしい(?)、地味で、過酷で、寂しくて、でも楽しい
    南極での観測活動のお話。
     極寒の地で、日本から途方もなく遠く離れて、家族や恋人にも長い期間会えなくて、
    食事や娯楽も限られて…っていう過酷な状況なんだけど、
    気が抜けるほどほのぼのとした雰囲気で、シリアスなシーンもほとんどナシ。
    でもそれぞれが抱えてる寂しさや切なさや鬱憤が伝わってくる。
    悲喜こもごもがあって、いいんですよねー。

     最後に流れるユニコーン「サラウンド」がまたピッタリ!良い曲だー!
    ・主役の堺雅人さんが良かったなー。好きになりました。
     堺さんの家族の話がリアルで良かった。
     妻の料理が下手だったり、娘が生意気だったり、単身赴任を笑われたりするんだけど、
     ちゃんとお互い思い合ってる。家族愛って美しいカタチのものとは限らなくて、
     こんないびつなもんだよなーってとても共感する。
    ・唐揚げのシーンは、絶対これは泣いちゃうよ!って思ったら
     やっぱり堺パパ泣いちゃったね。ちょっと泣けました。
    ・料理がどれもおいしそう!!
     (フードスタイリストは『かもめ食堂』『めがね』の飯島奈美さんなのね)
     食べることが何よりの楽しみな南極だから普通のメニューがまた違って見える。
    ・豊原功補さん(ハリセン)の「ドクター」がすごく独特でインパクト大!
    ・一人だけ若者の「兄やん」が高良健吾君とはしばらく気づかず、
     だんだん「この人意外とかっこいい?」と思ってたら「ソラニンのあの人じゃん!」
     それくらいあのおっさん連中にもなじんでた(笑)。
     遠距離恋愛中の電話の会話がまたフツーの若者っぽくリアルだった。
    ・KDDの清水さんが出てくるとは!
     しかし彼女時効警察のまかで君だよね?そう思って見ても全然見えなかった(変わった!)。
    ・その他も生瀬さんとかきたろうとかほとんどおっさんしか出てこないけど、
     みんなそれぞれ味があってひと癖あって良いです。

     あぁ、書いてたらまた見たくなってきたなぁ。。。

    スポンサーサイト

    • 2018.11.25 Sunday
    • 22:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM